スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VOCALOID3

ついに発表になりましたね。
ニコ生での発表会は途中からしか追えなかったので
ちゃんとしたデモは聞けなかったのですが、
TL見た限りだとなかなか良さそうです。

適当にまとめを・・・

・エディタとライブラリは別売り
・VST Hostに対応!
・エディタ上でも伴奏を再生可能みたい
・スペイン、韓国、中国の各国語に対応
・9月末頃発売予定だそうです
・パートナー企業が増えて、更にボカロのバラエティ豊かに

個人的にはVST Hostに対応ってのが嬉しいです。
しかし、もっと凄いのは「ぼかりす」がプラグインで発売される事!


VocaListener(ぼかりす)
“ユーザ歌唱の歌い方を真似る
歌声合成パラメータを自動推定するシステム”

(産業技術総合研究所)


ボカロエディタでのパラメーター調整はかなり職人的というか、
試行錯誤して地道に望んだ表現に近づけていくとういものでしたが
これがあれば、望んだ歌唱表現が簡単に手に入る!

調整がいらなくなるのは寂しくなるってコメもありました。
確かにボカロの調整も製作者の腕の見せ所で、
視聴者の方々にとっても楽しめるポイントだと思います。
でも、ぼかりすに通せばそのままでOKてわけでもなさそうだし、
やっぱり調整の上手い下手はでると思います。
なんにせよ、調整が苦手な人にとっては嬉しい知らせです。

だけど、自分の歌唱を録り難い人はどうしよう?
やっぱカラオケ行って録るのかな?
スタジオなんて大袈裟だし、家はもってのほか。
ボソボソ小声で録っても仕方ないしね。

そして今回の発表会で更に重要な点が。
VOCALOID3の発売を機に、パートナー企業が
数社加わるようで(なんと韓国の企業も!)、
その殆どがアニメ調の、要するに今までのボカロの流れで
ライブラリを開発・発売していきますって感じだったのですが、
そんな中、ある一社の方が重要な発言を!

「オジサンのボカロなんかもw」

この発言が出た瞬間、反応したコメがちらほらw
実際に「あったら面白いよね」的な感じで
さらっと流されましたが、可能性が無いわけではなさそうw



今回のニコ生での発表会、色々と重要なトピックがありましたが
やっぱ「おじさんボカロ」が一番の収穫かな・・・。



テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Powered By FC2ブログ


Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。