スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい小説を投稿しました

小学生の夏休みのお話なんです。

「とんぼすいっち」
●小説家になろう
●のべぷろ!
●星空文庫

内容は一緒なので、読みやすいサイトで是非どうぞ。
星空文庫がいちばん体裁いいかな?

小学生といえども高学年にもなれば、人間関係の複雑さや
社会との関わりの重さに意識が向き始めて
ただ遊んでいるだけでよいという時代は終わるんだということを
ふとある日、気がついてしまって、
それまで見えていた景色が変ってしまうような
妙な恐怖と寂しさを表現した(つもりの)作品です。

最初はシンプルに子供の頃の楽しかった思い出を細かに描写して、
ノスタルジックな話にしようと思っていたのですが、
回想しているうちに色々と変な記憶が掘り起こされてきて、
結局はなんかジメッとしたものになってしまいましたw

今まで何本か投稿してきて、どうも変だなと思ったら、
自分の作品は全部一人称で話進んでいて
主人公は全部「僕」か「俺」なんですよね。
キャラクタを複数登場させて、ちゃんと名前と設定を付けて、
そして舞台を用意してお話を組み上げるってことが出来ない。
で、細かい設定といえば所謂「ラノベ」って
文章作品としては馬鹿にされがちですけど、
僕からみりゃ作ってる人達ってスゲェなと思うのです。
いつかは人間関係が複雑に入り組む作品を作ってみたいものです。



スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説 ジャンル : 小説・文学

新しい文章作品を投稿しました

だらだら書き続けていたお話が
どうにかまとまった気がしたので投稿しました。

「揚水施設にて」
幼い頃に家族と生き別れた少年は、
理由の分からないあせりから、長年世話になった
孤児院を出ることを決意する。
ひとりで生きるために仕事を探し、部屋を借り、
そして始まる、平凡だが気ままな生活。
生活の大部分を占める職場での時間。
それに慣れ始めた頃、少年は小さな違和感に気がつく。
静かな暮らしを願う少年にとって、それは果たして
どういった意味を持つこととなるのか・・・・・・。”


みたいな概要のお話です。
お時間よろしければ以下のサイトからぜひ~!

●星空文庫
●小説家になろう
●のべぷろ


テーマ : 二次創作:小説 ジャンル : 小説・文学

新しい小説を投稿したこと

1月の終わり頃からチビチビと書いていた
短めの小説を投稿しました。
退屈な日常に喘ぐある男の、そこからの開放までのお話です。

「退屈、そして」
・小説家になろう
・星空文庫

お時間よろしければ是非とも。
どちらも内容は同じなので、読みやすい方でどうぞ。

文章を投稿するようになってから、
フォローしている方の作品をチラチラと読んでますが、
世の中には面白い人がいっぱいいるんだなって
そういうことを改めて知ることができて
ほんとうに良い刺激になります。
こういうとき、ネットを有り難く思いますが、
でもやっぱり功罪あるのは確かなぁと。
文章でも音楽でも、もちろん絵でも、
簡単に凄いレベルの人と比べられてしまうワケで、
それで凹んで創作をやめるのか素直に楽しみ続けるのか。
しなやかな感性を持ってないとツライのかもしれません。
プライドを!全力で窓から投げ捨てるしなやかな感性を!!
僕はもう投げ捨てるほどのプライドは残ってませんがッ!



完結させること

去年の夏から、ダラダラと投稿を続けてきたお話を
どうにか完結させることが出来ました。
あるボカロファンの活動記録的なお話です。

【あなたにぜんぶあげる】
●星空文庫
●FC2小説
●小説家になろう

一応、「承認欲求」とか「自己顕示欲」をテーマにした
そういう物語になる予定だったのですが、なんか
気がつけばキモイ人の独白を連ねただけのものにw
いやぁ、難しいものですね。
ちゃんとしたお話かける人はスゲェや。

無駄に半年くらいかけて改めて学んだことは、
なんでもそうだとは思いますけれど、
一度「コレで良し!」と決めた後には、あまりもう
変に弄繰り回さない方がいいんじゃないかという事でした。
「もう少し弄りたい」という欲求の原動力が、
クオリティの追求であるのならばいいのですが、
ただ単に、「弄繰り回しているのが快感」であるだけの場合、
たぶん大抵、ロクでもない事になるようなw
「作業している感」が、とても心地好いのが厄介でした。

無駄な言葉を削ぎ落とし、シンプルに文章を構成し、
伝えたいことをしっかりと分かりやすく伝える。
それには相当な訓練と才能が必要なようですね。
人気が出る作品を生み出せる人達は、やっぱり偉大だと思いました。



テーマ : 二次創作:小説 ジャンル : 小説・文学

20話まで投稿したこと

クリスマスでも他のなんでもいいのですが、歳取ると
季節のイベントに関心が薄れてくるものなんでしょうか!?
必死の形相でDAWやテキストエディタを弄繰り回していたら
いつの間にかに年の暮れを迎える始末・・・!
こういうふうに、季節の変化を気温だけで感じるような、
のっぺりとした生き方していると
あとで哀しいことになりそうで少し怖いのですが、
楽は楽なので抜けることができないのですw
まぁ、こうやって好き勝手にしようもないブツ拵えて
ネットにブン投げられる環境にいるというのは、
多分にとても恵まれた状態だと思います。

さて、そんな恵まれた環境にいるくせに
今年中の完結があやしい感くなってきましたが、
小説の20話までを投稿しました。

●星空文庫
●FC2小説
●小説家になろう
●のべぷろ
※どのサイトも同じ内容が投稿されています。

曲も一つ投稿したかったのですが、
創ってて気持ち悪くなってきたので没にw
寒くなると、元から低い各種能力がさらに低下して
本当に何も出来なくなってしまいます。
季節に関係なく精力的に活動できる人が羨ましいッ!




テーマ : 二次創作:小説 ジャンル : 小説・文学

Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Powered By FC2ブログ


Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。